本殿・拝殿

ホーム > 境内の御案内 > 本殿・拝殿

本殿・拝殿

大正3年(1914年)の御造営の時に建て替えられた。本殿は総檜造り・銅板葺・流造、拝殿は総檜造り・銅板葺・入母屋造の社殿。神社には珍しく線香を上げる習慣があり、その煙により白木の社殿が黒檀の様に黒光りしています。
お問い合わせ
トップにもどる