夏祭

ホーム > 主な祭事 > 夏祭

夏祭

釜鳴り神事の鳴り釜

茅の輪

7月21日 宵宮祭 大祓釜鳴・茅ノ輪くぐり神事
7月22日 例祭
7月23日 後宮祭 

大神様にゆかりの深い7月22日に斎行される例祭を中心とした祭。21日午後7時より斎行される大祓釜鳴神事、茅ノ輪くぐり神事は祭場に据えられた釜の鳴り響く中、茅ノ輪をくぐる特殊神事。 これは、知らず知らずのうちに身についた罪穢や災厄を人形に託し、鳴り釜の響きと葦の葉の霊力で祓い退け、平穏無事な生活を祈る神道行事です。夏は疫病が流行したり、暑さで身体も弱りやすい時期のため、この神事は『夏越の祓』と呼ばれています。当社では、7月21日より8月7日まで茅ノ輪を設置し、厄除け夏越の祈祷を奉仕し、祈祷者の皆様に疫病災難よけのちまきのお守りと神札を授与しています。
お問い合わせ
トップにもどる